男の人

投資顧問は口コミを参考にして選ぶ|利用者の意見を聞こう

うねり取りの売買手法

株

うねり取りの特徴

株の儲け方としては、一つの銘柄に固定して株価の波動の上下を取っていくうねり取りがあります。うねり取は株価の下落局面では信用取引の売りを行い、上昇局面では信用取引の買いを行います。また、それぞれの玉の操作は日々のローソク足の動きによって、増やしたり減らしたりすることになります。その結果として、中期的な波動を取るのがうねり取りの特徴です。うねり取りの株の儲け方としては、底値近辺で買った玉を高値近辺で売ることで儲けを出します。逆に高値近辺では売った玉を底値近辺で決済をすることでも儲けを出すことになります。このようにうねり取りでは、上下の相場のそれぞれで収益を上げることができるため、効率の良い投資方法となっています。

うねり取りの実践

うねり取りの株の儲け方は、ここ数年で実践をする人が増えてきています。うねり取りはテクニカル手法に特化しているため、日々もニュースに振り回されずにすむ利点が出てきます。また、場帳を毎日書いて、グラフを描くだけで実践的な投資技術を身に付ける事ことが可能です。それらの道具を使って、日々の取引に集中することが株の儲け方となってきます。うねり取りの手法では、上手い投資家となると年間で利益が200%や300%になることがあります。つまり、資金の2倍から3倍を稼ぎ出す場合が出てきます。うねり取りでは、信用取引を活用するために高い収益を上げることが可能です。そのような利益率の高さから、うねり取りを技術を学ぶ人は増加傾向が出ています。