施工管理の仕事をするなら派遣?現状に満足していない人はいっぱい

ロゴ

派遣として施工管理で働くメリットは沢山ある

作業員

職を変えるきっかけ

今の仕事は続けたい。でも給与面で不満がある。スキルに合わせた働き方がしたい。ゆくゆくは正社員として働きたい。このような思いをもって転職活動や派遣会社に登録する方も少なくありません。大手派遣会社は、そのような不満を打ち消す強みを数多く持っています。

作業員

無理なく働ける環境

法定規則を遥かに超える残業、長時間労働、そして残業代の未払いはここ最近問題になっています。状況を変えない限り、施工管理の仕事をすることができません。スタッフの事を一番に考える派遣会社は、働く人の不安と不満をなくすために、仕事とプライベート両方を充実できる最適な労働環境を提供しています。

作業員

やる気アップに繋がる働き方

技術や資格取得、またクライアントからの評価がそのまま報酬へと反映されるため、より高い収入が期待できます。さらに、評価されることでモチベーションを高めるきっかけにもなるでしょう。

職に就く前に知りたい現場監督と施工管理の違い

現場監督

現場の代理人、もしくはその補佐を行なうのが一般的です。工事の進み具合をチェックしたり、施工図のチェックをしたりもします。他にも苦情対応や安全管理も現場監督の仕事です。

施工管理

現場監督の仕事とそう変わらないですが、しいて言うなら小さい会社の場合、真性や検査業務といった雑用をするケースもあります。大手会社なら、コスト管理や各書類作成などの専門的な仕事をします。

広告募集中